独立行政法人労働者健康福祉機構宮城産業保健総合支援センターの助成事業
選任産業医のいない事業場や労働者の皆さんの健康相談に応じます
□健康診断結果の見方がわからない。
□成人病予防はどうするか。
□従業員の高齢化に対して健康管理をどうすればよいか。
□メンタルヘルスの進め方が分らない。
  などについて、医師が相談に応じます。お気軽にご相談下さい。
訪問指導を行います
医師が希望に応じて事業場を訪問し、健康診断結果に基づいた健康管理の指導や助言などを行います。
また、希望により医師が作業場をみて改善が必要な場合にはアドバイスを行います。
地域産業保健センターについて
労働者が50人未満の事業場では、労働安全衛生法上、現在のところ産業医を選任する義務がないことや経済的理由などで、事業場として医師と契約して従業員に対する健康指導や健康相談などの産業保健サービスを提供することが十分でないケースも多いようです。
地域産業保健センターは、このような事業場で働く人々に対する産業保健サービスを充実するため、平成5年から労働省が郡市医師会に委託しておこなっているものです。
当地区でも、平成8年度より地域産業保健センターを設置し、事業主および労働者の方々より好評を得ております。
地域産業保健センターの業務
□健康相談窓口の開設
  対象者は、小規模事業場の事業主および労働者の方々です。開設方法は利用しやすい場所に
  定期的に開設します。
□個別訪問による産業保健指導
  対象事業所は、原則として労働者50人未満の事業場であって、訪問指導を希望するところです。
□産業保健情報の提供
  日本医師会認定産業医、労働衛生機関、産業医を希望する医師などの情報を提供します。
この事業について
この事業は国((独)労働者健康福祉機構)が宮城産業保健総合支援センターへ委託し、郡市医師会の協力を得て実施しているものです。
相談料は無料です。相談内容や指導内容については、秘密を厳守します。
担当はコーディネーター石垣巖です
連絡先は石巻市医師会事務局(Tel.95-6238)迄お願いします。石垣コーディネーターへ連絡し、用件について訪問させます。

←医師会トップへ 事業案内→